• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. 活動アーカイブ
  3. 「日常生活から見つけた京都文化の発信・体験プラン」コンテスト本選・公開プレゼンテーション 開催報告

活動アーカイブ

東京 2020 応援文化オリンピアード認証事業

「日常生活から見つけた京都文化の発信・体験プラン」コンテスト
本選・公開プレゼンテーション 開催報告

京都文化力プロジェクトを通じて多くの方々に京都文化に触れていただくとともに、府民市民の意見等を広く聴き、また参加していただくことにより機運を醸成していくワークショップを府内各地域で取り組んでいます。
平成29年1月15日(日)には、京都に在住する大学生が、暮らしているからこそ発見・再認識できる京都文化を体験プランにし、コンテスト形式によるプレゼンテーションを開催し、約90名の参加者がありました。
また、東京2020応援文化オリンピアードの認証を得て、東京2020大会とつながるイベントとして開催しました。

開催概要 当日配布プログラム

結果

(1)本選出場チーム

最優秀賞 京都橘大学/金武ゼミB 『日本の「BENTO」でLet’s和サンドウィッチ作り♪』
優秀賞 京都産業大学/S.J.M 『初めての銭湯デビュー!~銭湯入門編~』
奨励賞 京都嵯峨芸術大学/京の文化菜 『近くて遠い京野菜を身近にする提案』
同志社女子大学/天野ゼミ チーム アンジュルム『京都・福知山から学ぶ 水害の歴史と防災』
立命館大学/I'm from Kyoto 『想いをカタチにのせて』

(2)ポスターセッション

最優秀賞 京都美術工芸大学/TEAM 赤い包み 『~京の香りを聞く~』
優秀賞 立命館大学/RTC 『~京の花街を知る~舞妓・芸妓さん体験ツアー』

主な意見

  • 思いつきもしなかった斬新なプランがたくさんあって良い刺激を受けた。
  • 改めて京都にはたくさんの魅力があるのだと感じた。
  • 他大学の発表が見られて勉強になった。色んな人と関わることが大切だと認識した。
  • 学生の視点と社会人の視点が異なっていて面白いと思った。
  • 他府県民から見た新鮮な目での文化発信が役立てばよいと感じた。

第一部 基調講演 ナガオカケンメイ氏

発言内容は要約したものです。発言内容の詳細については動画をご視聴ください。

  • (約11分)

ナガオカケンメイ氏

プロフィール

D&DEPARTMENT PROJECT 代表取締役会長

いつの時代も変わらない価値を大切にしながら

時代に合うスタイルを作る。イケてる人の話。
イケてる人、おしゃれな人は定番の服に最新の組み合わせをするセンスの良い人。つまり、変わらないものと変わるものを組み合わせることが上手な人のこと。これは、人だけではなく、学校や大学はもちろん、会社や国でも、そして京都についても同じことが言える。
変わってはいけないものを知っているということ、何を変えて、何を変えてはいけないのかという判断が大切だと思っている。
 

様々な活動を通して気付いた役立つ10のこと

①「そこ」といえば「コレ」を大切にしている人を応援しよう
これは、ちゃんと伝えている人を応援しようということ。その土地の大切なメッセージを伝えられているかが大事。

②ただの人気作家ではなく、そのモノづくりの「土地」に根付いている人を応援しよう
商品だけが消費されてしまい、売り上げが立ったけど作家も疲弊してしまい、自分の土地の何になったのだろうという話がよくある。

③本気でその土地のことを考えるならその土地に住もう
住んでみないとわからないことがたくさんある。

④売る仕組みもしっかり考えよう
結局、売れないと続かない。売る人がやってくれると考えがちだが、末端のことまでプランニングが必要。

⑤自分もリスクを背負う。
自分のこととして考えているか、本気かどうか。

⑥よそのカッコよさは真似ない
自分たちのオリジナルのデザインの表現を考えてほしい。

⑦知られないと何も起こらない
そのプランに関心を持つような人にちゃんと届いているか。

⑧計画を立てて、定期的にでも続けよう
人はすぐ忘れる。定期的に伝えることで体温が伝わってくる。

⑨時間をかけて関係をまずつくろう
継続させていくには関係性が肝。

⑩他県の情報も集めよう
他県の事例を知っていると説得力が生まれる。
 

京都で継続する学び

イケてる京都、おしゃれな京都。いつの時代も変わらない価値を大切にしながら、今の時代にあった新しいスタイルを作っていくことがイケてる京都を作っていくことになる。京都といえば何か、らしさとは何か、変えてはいけないものは何か。京都の伝統産業は誰と発展させるべきか。京都らしい「新しさ」とは何か。京都を感じるとは何か、どういうことをいうのかを意識したい。
京都に通っていて勉強になったが、ロングライフデザインというのは京都に集約されている。京都は日本一京都らしさが続くことを意識して、実践している土地。「いけず」や一見さんお断りもそのひとつで、うわべだけの付き合いではなく、関係性を深く築いたからこそ意義深いことができると考え、育てるという意味で実践している。古くならない代謝を実践しているのが京都。日常生活の中にこそ他県には真似できない京都式の表現方法があると感じた。今後も京都に通い、ラジオをやりながら勉強を続けていく。

第2部 本選・公開プレゼンテーション

書類審査を通過した5チームから、プランの発表を行っていただきました。

出場本選出場者(大学名/チーム名「タイトル」) ※当日プレゼンテーション順

  • 京都産業大学/S.J.M 『初めての銭湯デビュー!~銭湯入門編~』
  • 同志社女子大学/天野ゼミ チーム アンジュルム 『京都・福知山から学ぶ 水害の歴史と防災』
  • 立命館大学/I'm from Kyoto 『想いをカタチにのせて』
  • 京都橘大学/金武ゼミB『日本の「BENTO」でLet’s和サンドウィッチ作り♪』
  • 京都嵯峨芸術大学/京の文化菜 『近くて遠い京野菜を身近にする提案』
  • (約20分)

第3部 ポスターセッション

惜しくも書類審査にもれたチームにプラン発表の場として「ポスターセッション」を開催しました。

出場者(大学名/チーム名「タイトル」)

  • 京都橘大学/金武ゼミA 『水文化からみる京都の魅力体験プラン』
  • 京都ノートルダム女子大学/キャリア形成ゼミ 旅行プランナーチーム『~京都で綺麗に~ 外国人女子旅』
  • 京都美術工芸大学/TEAM 赤い包み 『~京の香りを聞く~』
  • 同志社女子大学/天野ゼミ チームこぶし 『御香宮神社での体験プラン』
  • 同志社女子大学/天野ゼミ チームつばき 『日本の伝統文化1日体験@一休寺』
  • 同志社大学/井口ゼミ1班 『伏見のお酒はおいしい!日本酒は風土と水のカクテルだ』
  • 同志社大学/井口ゼミ4班 『京町家を活用した地域パビリオン構想 ~まだ見ぬ京都へのいざない~』
  • 同志社大学/井口ゼミ女子班 『京婚♪ ~愛は畑にある~』
  • 同志社大学/リディ菜 『きょうと☆STARツアー』
  • 立命館大学/西lover 『京町屋「奥ゆかしおすなぁ」ツアー』
  • 立命館大学/RTC 『~京の花街を知る~ 舞妓・芸妓さん体験ツアー』
  • (約9分)

表彰式等の様子

最優秀賞:京都橘大学金武ゼミB

審査員(ナガオカ):
それぞれの産地でサンドウィッチが生まれるという期待が広がる輝かしいアイデアだった。

受賞者:
選ばれたことで自分に自信と誇りを持って学生生活をおくりたい!

優秀賞:京都産業大学SJM

審査員(加納):
聞いていてワクワクし、銭湯に行きたくなった。

受賞者:
まさか選ばれると思ってなかったので、驚いている!

奨励賞:京都嵯峨芸術大学 京の文化菜、同志社女子大学天野ゼミ チームアンジュルム、立命館大学 I’m from kyoto(写真左から)

京都嵯峨芸術大学 京の文化菜
審査員(栗山):京都に来て10ヶ月の視点から京野菜に注目し、学生食堂に「京小鉢」が並ぶ期待が持てた。

同志社女子大学天野ゼミ チームアンジュルム
審査員(栗山):3.11以降重要視されている防災と文化を考えた素晴らしいプラン。

立命館大学 I’m from kyoto
審査員(栗山):観光と地場産業と考え、かつ若者の特徴を捉えた点を評価したい。

ポスターセッション最優秀賞: 京都美術工芸大学 TEAM 赤い包み

審査員(塩見):
 香りを聞くという着眼点が素晴らしかった。

受賞者:
みなさんが聞いてくださったおかけです!

ポスターセッション優秀賞:立命館大学RTC

審査員(塩見):
学生の若い感性で京都の花街が身近になり、かつ尊敬の対象になればと思う。

受賞者:
観客の皆様が真剣に聞いてくださったので、僕たちの魅力も伝えられたんだと思う。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。