• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. コラム
  3. 【京都文化力向上宣言】やなぎ みわさん
コラム
2019年12月27日

【京都文化力向上宣言】やなぎ みわさん

京都文化力プロジェクトをより発展させていくために、京都文化力プロジェクト実行委員会の関係者等から、これからの京都の文化力をさらに向上させるためのメッセージをいただきました。

京都の芸術文化を向上させていくためには、伝統工芸における「型」の継承は不可欠だと思います。京都では幸い芸術系の大学などでも、京都の伝統工芸を学べる環境が整っています。私は京都市立芸術大学で工芸を専攻し、型友禅の染色などの伝統工芸を学びました。それが今、現代美術で表現する自分の礎になっています。維持、継続していく力があってこそ前衛的なアートも生まれます。職人が長年育んできた伝統工芸、現状を変革していこうとする現代美術、京都はその2つの力が拮抗する街であるべきだと感じています。

また芸術のなかでも舞台表現には特に、表現する場所が大切だと感じており、今東九条に劇場を作るプロジェクトに参加しています。芸術の拠点ともなり、そこから新たな文化を発信できたらと思い、昨年、「東アジア文化都市2017 京都」の事業で、河原町十条の紡績工場跡地で野外劇を行いました。その際に東九条に住む在日の方や韓国在住の方にも協力していただきました。地元、全国、海外の人々と一緒に芸術活動を展開することで、京都の文化力は一層高まると思います。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。