• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. 実行委員会事業
  3. シンポジウム+授賞式「都市空間における祝祭と文化」

実行委員会事業

東京 2020 応援文化オリンピアード認証事業

シンポジウム+授賞式「都市空間における祝祭と文化」

悠久の歴史を持ち、観光都市および学生のまち、国際都市として生きた様々なポテンシャルを持つまち、京都。文化庁の京都移転をはじめ、京都各地で立ち上がる大小様々な動きを踏まえ、第一線で活躍する京都にゆかりのある美術関係者やアーティスト、建築家が、彼ら独自の視点から見た京都の可能性について語ります。また、冒頭には、野外インスタレーション公募展の授賞式も開催します。

日時

2019年2月16日(土)14 時~16時

会場

京都府立京都学・歴彩館
(〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-29)

スピーカー

青木淳(建築家)
片岡真実(森美術館副館長兼チーフ・キュレーター、京都造形芸術大学教授)
名和晃平(彫刻家、SANDWICH Inc. 主宰、京都造形芸術大学教授)

モデレーター

建畠晢(京都芸術センター館長、多摩美術大学学長)

定員

400 名
※参加無料・事前申込制(応募多数の場合は抽選)

参加申込・問合せ

京都いつでもコール
TEL:075-661-3755 FAX:075-661-5855
年中無休/午前8時~午後9時
※お掛け間違いには十分ご注意ください。

申込期間

2018年12月5日~2019年1月20日
※1月21日以降で、定員に余裕がある場合は京都芸術センターで受け付けます。

スピーカー

青木淳

建築家。東京大学大学院修士課程 (建築学) 修了。1991年、青木淳建築計画事務所を設立。作品は、住宅のほか、一連のルイ・ヴィトン店舗、プール施設《遊水館》(1993年)、日本建築学会作品賞を受賞した《潟博物館》(1997年)、《青森県立美術館》(2006年)、《大宮前体育館》(2014年)など多岐にわたるが、ギャラリーの設計、作家との共働、展覧会の会場構成など、美術に関わる仕事が多い。2020年にリニューアルオープン予定の《京都市美術館》の設計にもかかわる。主著に『青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS』シリーズ(2004年 2006年 INAX出版、2016年 LIXIL出版)、『原っぱと遊園地』(2004年 王国社)、『フラジャイル・コンセプト』(2018年 NTT出版)などがある。http://www.aokijun.com/

片岡 真実

1965年愛知県生まれ。森美術館副館長兼チーフ・キュレーター、京都造形芸術大学教授。(株)ニッセイ基礎研究所にて文化政策・都市開発と芸術文化事業関連の調査研究を経て、東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーター(1997 〜 2002 年)。2003 年より森美術館。 2007 〜 09 年はヘイワード・ギャラリー(ロンドン)国際キュレーター兼務。第 9 回光州ビエンナーレ(2012年)共同芸術監督、第 21 回シドニー・ビエンナーレ(2018 年)芸術監督。CIMAM(国際美術館会議)理事(2014 年~)、小田原文化財団理事(2009 年〜)。京都造形芸術大学大学院芸術研究科教授(2016 年~)。ニューヨーク近代美術館・近現代美術国際キュラトリアル・インスティテュート修了(2014 年)。日本及びアジアの現代美術を中心に企画・執筆・講演等多数。

名和晃平

彫刻家/ SANDWICH Inc. 主宰/京都造形芸術大学教授。1975 年生まれ。京都を拠点に活動。2003 年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009 年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。独自の「PixCell」という概念を軸に、様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。 近年は建築や舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。 2011 年、東京都現代美術館で個展「名和晃平 - シンセシス」を開催。2018 年7 月よりパリで開催されている「ジャポニズム2018 : 響きあう魂」の一環として、ルーブル美術館のピラミッド内に「Throne」を展示。

モデレーター

建畠晢

1947年京都府生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業。「芸術新潮」編集者、国立国際美術館主任研究官、多摩美術大学教授、国立国際美術館長、京都市立芸術大学学長を経て、現在、多摩美術大学学長。全国美術館会議会長。埼玉県立近代美術館長、京都芸術センター館長、草間彌生美術館長を兼任。1990 年、1993 年にヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、2001年に横浜トリエンナーレ、2010 年にあいちトリエンナーレ、2017 年に東アジア文化都市京都のメイン事業「アジア回廊 現代美術展」の芸術監督。詩人としては、『余白のランナー』で歴程新鋭賞、『零度の犬』で高見順賞、『死語のレッスン』で萩原朔太郎賞を受賞。

「京都文化力プロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等を契機として、日本の文化首都・京都を舞台に行われる文化と芸術の祭典です。オリンピックは、世界最大の平和の祭典であり、スポーツの祭典であるとともに、文化の祭典でもあります。2020年に向けて、「創造する文化 京都から世界へ」をテーマに、京都から多彩な文化・芸術を世界に発信するとともに、国内外の人々と交流・協働し、新たな創造の潮流を起こしていきたいと考えています。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。