• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. beyond2020プログラム 認証事業
  3. ラウンドテーブル 『アートを支える現場 -アーティスト・イン・レジデンスを中心に-』の開催について

beyond2020プログラム 認証事業

(京都文化力プロジェクト認証事業)

シンポジウム

ラウンドテーブル 『アートを支える現場 -アーティスト・イン・レジデンスを中心に-』の開催について

【内 容】
 京都市では,東京オリンピック・パラリンピック等をはじめとした,国際的なスポーツの祭典を契機として,
「京都文化芸術プログラム 2020⁺」を策定し,その重要事業の一つとして,アーティスト・イン・レジデンス(国
内外からアーティストを一定期間招聘し,滞在中の活動を支援する事業。以下「AIR」という。)の強化など
により,世界のアーティストが京都に集う環境整備に取り組んでいます。
 この度,京都芸術センターを拠点に,AIRの強化をさらに進めるためのラウンドテーブルを開催し,AIRに
関するお互いの想いや知識を共有し,議論する機会を設けることで,今後のAIRの発展に寄与することを
目指します。

 ⑴ 開 会 14:00 
   挨拶 佐々木 雅幸 氏(同志社大学特別客員教授/文化庁地域文化創生本部主任研究官)

 ⑵ 第1部 14:05-15:20
  ● テーブル#1 「セルフビルドの場づくり」
   [概要]
    アートに関わるための場を自ら立ち上げ,運営することの醍醐味や挑戦について,個性的なレジデン
   スやアートスペースを運営するオーガナイザーを交え話します。
   [スピーカー]
    飯高 克昌 氏(NPO ANEWAL Gallery 代表理事)
    村田 達彦 氏(遊工房アートスペース共同代表)
   [ファシリテーター]
    赤井 あずみ 氏(HOSPITALEプロジェクト /鳥取県立博物館主任学芸員)
 
  ● テーブル#2 「学術×アート,産業×アート」
   [概要]
    サイエンスラボや地域産業など,学術や産業とアートが交差する機会としてのAIRプログラムを紹介し
   ます。異なる分野へ架橋するようなAIRプログラムから見えてくる,柔軟な発想のためのプラットフォーム
   とは何かを考えます。
   [スピーカー]
    坪井 あや 氏(東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU))
    石澤 依子 氏(Creative Residency in Aritaコーディネーター)
   [ファシリテーター]
    勝冶 真美 氏(京都芸術センタープログラムディレクター)
  
  ● テーブル#3 「アーティストとAIRプログラムのマッチング」
   [概要]
    世界中の多様なAIRプログラムから,各々の目的や希望に適したレジデンスと出会うには,どのような
   戦略や心構えが必要でしょうか。アーティストとAIRプログラムのより良いマッチングについて考えます。
   [スピーカー]
    吉田 雄一郎 氏(城崎国際アートセンタープログラムディレクター)
   [ファシリテーター]
    小田井 真美 氏(さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター)

 ⑶ 第2部 15:30-16:45
  ● テーブル#4 「心魅かれるレジデンス環境とは?-アーティストの視点から-」
   [概要]
    世界各地に滞在し,その場に根付いた芸術の実践に試行錯誤してきたアーティストが,滞在の目的か
   らリサーチ,制作の手法や過程,そしてコミュニケーションやフィードバックまで,それぞれのユニークな
   経験を交えて話します。
   [スピーカー]
    黒田 大祐 氏(アーティスト/彫刻)
    山本 麻紀子 氏(アーティスト/現代美術)
   [ファシリテーター]
    三原 聡一郎 氏(アーティスト/メディア・アート)

  ● テーブル#5 「国際アートプロジェクトを企画する」
   [概要]
    国際的なアートプロジェクトの企画経験が豊富なプロデューサーやキュレーターを海外から招き,国際
   プロジェクトの醍醐味,キュレーション,そして多文化間を移動し行う滞在制作の可能性を考えます。
    (*逐次通訳あり)
   [スピーカー]
    クリスティ・モンフリース氏(インディペンデント・キュレーター) ※オンライン参加
    ジョアン・ライア氏(インディペンデント・キュレーター)
   [ファシリテーター]
    青嶋 絢 氏(アート・コーディネーター)

  ● テーブル#6「アジアのオルタナティブ」
   [概要]
    近年注目を集めるアジアのアートシーンでも,とりわけオルタナティブなシーンや活動を紹介し,ダイナ
   ミックなアートと人の交流について考えます。
   [スピーカー]
    山本 佳奈子 氏(Offshore※主宰)※アジア各地のカルチャーを取材したウェブサイト
   [ファシリテーター]
    小川 希 氏(Art Center Ongoing代表)

⑷ まとめ 16:45-17:15

基本情報

開催期間 2018/02/21~2018/02/21
開催時間 午後2時~午後5時15分
HPのURL http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000231236.html
会場 京都芸術センター フリースペース
会場の住所 京都府 京都市 中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
アクセス 地下鉄烏丸線「四条駅」,阪急京都線「烏丸駅」22番・24番出口より徒歩5分。
電話番号 075-213-1000
主催、共催 主催:京都市,京都芸術センター
後援:関西広域連合
お問い合わせ 2月20日(火)までに,電話・FAX・ウェブサイトで,「京都芸術センター」までお申込みください。
その際に【氏名・参加人数・希望のテーブル番号】をお伝えください。
◆京都芸術センター
 電話 075-213-1000
 FAX 075-213-1004
 ホームページ http://www.kac.or.jp/
※参加費 無料
  定員 約100名(各テーブル30名程度)
言語対応 英語
車椅子用の
アクセス
不可
備考 【関連企画】 
・意見交換会(2月21日本ラウンドテーブル後)
・KYOTO ART TOUR(2月22日)
・AIR Alliance Platform[ダンスと映画:物語る身体 上映会](2月24・25日)

同ジャンルの認証事業

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。