• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. beyond2020プログラム 認証事業
  3. 特集展示「京の冬景色」

beyond2020プログラム 認証事業

(京都文化力プロジェクト認証事業)

展覧会

特集展示「京の冬景色」

四季に恵まれた日本の自然は、その季節ごとにさまざまな表情を見せてくれます。桜、新緑、紅葉など、季節を彩る豊かな色彩が、見慣れたはずの 景色に新鮮な趣を添えるさまはまことに目に楽しいものです。特に、春と秋は気候の穏やかさも手伝って観光のハイシーズン。ここ数年は年間5,000万人を超える観光客が訪れる京都でも、多くの人出で賑わうのは圧倒的に春と秋です。
 底冷えのする冬の京都には、しかしこの季節ならではの景色があります。毎年のようにテレビに映し出される、雪の積もった金閣もそのひとつ。雪化粧という言葉があるように、真白な雪は美しい景色をさらにも美しく磨き上げてくれます。そんな魅力的な京都の冬景色が描かれた作品をご覧いただこうという特集展示です。
 浄土宗の開祖・法然の生涯を描いた国宝「法然上人絵伝」巻第四十二の巻末には、二尊院の境内が五紙にわたって展開しています。諸堂宇に降り積もる雪が、法然の遺骨が納められたこの寺の静謐さを演出して見事です。また、松村景文ら円山四条派の画家たちの合作である「都名所図巻」には、桂川と宇治川が合流する淀の雪景色が描かれています。いまは失われた淀城の在りし日の姿を偲ぶことができるのも、絵画ならではの醍醐味と言えましょう。
 このほか、嵐山や宇治の冬景色を描いた作品も展示予定です。一部屋だけの特集展示ですが、冬の京都名所を巡る小旅行をお楽しみください。

平等院雪景図屏風(部分) 塩川文麟筆 京都国立博物館蔵

基本情報

開催期間 2018/12/18~2019/01/27
開催時間 火~木・日曜日:午前9時30分から午後5時まで
金・土曜日:午前9時30分~午後8時まで
(入館はいずれも閉館の30分前まで)
休業日 月曜日 ※ただし2018年12月24日(月・休)、2019年1月14日(月・祝)は開館
年末年始:2018年12月25日(火)~2019年1月1日(火・祝)
2019年1月15日(火)
料金 一 般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
( )内は団体20名以上
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料
HPのURL https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/kyoto-winter_2018.html
会場 京都国立博物館 平成知新館
会場の住所 京都府 京都市東山区 茶屋町 527
アクセス 京都駅下車、京都駅前D1のりばから市バス100号、D2のりばから市バス206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ
京都駅下車、京都駅八条口のりばからプリンセスラインバス(京都女子大学前行き)にて東山七条下車、徒歩1分
電話番号 075-525-2473(テレホンサービス)
主催、共催 京都国立博物館
お問い合わせ 京都国立博物館
言語対応 英語、中国語、韓国語
バリアフリー対応 車椅子、音声ガイド

同ジャンルの認証事業

京都府

天皇陛下御即位奉祝 春期京都非公開文化財特別公開

文化財愛護の普及啓発を目的とし、普段見ることのできない文化財を広く一般に公開します。みなさまから頂戴する拝観料は、大切な...

会場
京都市・八幡市の20か所 上賀茂神社、仁和寺 金堂・経蔵、北野天満宮、慈受院、宝鏡寺、光照院、三時知恩寺、下鴨神社、金戒光明寺 山門、聖護院・積善院、得淨明院、知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園、長楽寺、泉涌寺 本坊、毘沙門堂、安祥寺、隨心院、勧修寺、東寺 五重塔、石清水八幡宮
日程
2019/04/26 2019/05/10

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。