• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. beyond2020プログラム 認証事業
  3. 堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる

beyond2020プログラム 認証事業

(京都文化力プロジェクト認証事業)

展覧会

堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる

日本画家の堂本印象(1891-1975)は、生涯多くの仏画を描いています。昭和10年代(1935-44)は、印象が宗教画家として最も活躍した時期であり、その代表作として、大阪・四天王寺の五重宝塔内の仏画を手がけています(1940年)。不運にも五重宝塔は戦火により焼失してしまいますが、幸い下絵はのこされました。今回は、この四天王寺五重宝塔の下絵を一挙に展示するとともに、関連する仏画も展観し、印象が宝塔仏画を描いた軌跡をたどります。
さらに特別に、堂本印象コレクションのなかから、平安~鎌倉時代の仏像を初公開します。優れた目利きとしても知られる印象が愛した仏像をこの機会にお楽しみください。

基本情報

開催期間 2019/05/29~2019/09/23
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休業日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
料金 一般500円(400)円、高校・大学生400(320)円、小・中学生200(160)円
※()は20名以上の団体料金
※65歳以上の方(要公的証明書)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
HPのURL http://insho-domoto.com/plan/new/current/index.html
会場 京都府立堂本印象美術館
会場の住所 京都府 京都市北区平野上柳町 26-3
アクセス 【バス】「立命館大学前」下車すぐ
電話番号 0754630007
主催、共催 主催=京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
助成=一般財団法人地域創造
お問い合わせ 京都府立堂本印象美術館
バリアフリー対応 ・車椅子・ベビーカーの無料貸出あり
・車椅子対応トイレあり
車椅子用の
アクセス
敷地内、出入口、館内展示室にスロープあり
備考 【画像】
・阿弥陀如来坐像 13世紀前半(鎌倉時代) 京都府立堂本印象美術館
・堂本印象 維摩 1923年 京都府立堂本印象美術館
PDF資料 hotoke_A4chirashi.pdf

同ジャンルの認証事業

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。