• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. beyond2020プログラム 認証事業
  3. 【5/23~7/13】いちからわかる円山応挙と長沢芦雪

beyond2020プログラム 認証事業

(京都文化力プロジェクト認証事業)

展覧会

【5/23~7/13】いちからわかる円山応挙と長沢芦雪

18世紀の京都では、室町時代から続く狩野派の画家だけでなく、農家、商家や武家などさまざまな出自の画家が登場し、自由で斬新な作品を多く描きました。近年特に人気のある伊藤若冲も青物問屋の長男として生まれ、家業に従事した後、絵を描くことに専念します。

 本展で取り上げる円山応挙(1733-1795)も、現在の京都府亀岡市の農家に生まれ、若くして京都へ出てきて、「眼鏡絵」に制作に携わりながらも、狩野派の流れをくむ鶴澤派の画家石田幽汀に入門します。その後、現在の大津市になる円満院門跡の祐常門主に見いだされ、「写生」をもとにした新しい絵画を描きはじめ大変人気を得ます。その後も三井家や大寺院の支援によって、屛風や襖絵などの大画面に次々と描いていきます。晩年、目を患ったため作品数は減りますが、最晩年に描いた「松に鶴図襖」(大乗寺)は、色鮮やかなクジャクを意図的に色を使わずに墨の濃淡だけで描いた作品で、常に新しい表現を模索し続けました。

 一方、長沢芦雪(1754-1799)は、現在の京都市伏見区淀の藩士の息子として生まれました。はじめ「于緝(うしゅう)」という名前で絵を描いていましたが、20代には円山応挙に入門します。その後、27歳ころから応挙先生の画風を忠実に再現した「美人図」などを描きますが、次第に先生とは違った画風へ変化していきます。実物より大きく虎を描いた「虎図襖」(和歌山・無量寺)のように、大胆で奇抜な作品を多く描き、晩年になるほどその傾向が強くなります。

 本展では、18世紀を代表する画家円山応挙と長沢芦雪の画業について、それぞれの初期から晩年までの作品を展示しふたりの魅力に迫ります。

基本情報

開催期間 2020/05/23~2020/07/13
開催時間 10:00 ~ 17:00 (最終入館 16:30まで)
スケジュール 2020/5/23~2020/7/13
休業日 火曜日(但し5月5日は開館)・5月7日
料金 一般・大学生:900(800)円、高校生:500(400)円、小中学生:300(250)円
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者と介添人1名まで500(400)円
*幼児無料
*常設展もご覧頂けます。
HPのURL http://www.samac.jp/
会場 嵯峨嵐山文華館
会場の住所 京都府 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 11
アクセス JRでお越しの場合
山陰本線(嵯峨野線)で嵯峨嵐山駅下車、徒歩14分

阪急でお越しの場合
嵐山線で嵐山駅下車、徒歩13分

嵐電(京福電鉄)でお越しの場合
嵐山本線で嵐山駅下車、徒歩5分
電話番号 075-882-1111
主催、共催 京都新聞
お問い合わせ 公益財団法人小倉百人一首文化財団
言語対応 英語(解説も全て翻訳)、中国語(作品リストのみ)
バリアフリー対応 車いす
車椅子用の
アクセス
スロープあり 2F畳ギャラリーは専用車椅子に乗り換えて頂くことが望ましい
備考 新型コロナウィルス感染拡大に伴う休業要請を受けて臨時休館しておりましたが、5月23日より再開いたします。新しい会期は7月13日(月)までとなります。ご来館の際はマスクの着用、連絡先の記入、手指の消毒などをお願いいたします。詳細はホームページをご覧ください。

同ジャンルの認証事業

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。