• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
  1. HOME
  2. 街にアートがPOP UP!

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等を契機として、日本の文化首都・京都を舞台に行われる文化と芸術の祭典「京都文化力プロジェクト」。野外インスタレーション公募展を中心に、京都府下、京都市内各所で多彩な事業を開催します。

野外インスタレーション公募展

2018年6月から9月まで、都市における空間を大胆かつ想像力豊かに活用し自由な発想で体験できるインスタレーションを募集しました。日本を含め14 カ国から111 件の応募があり、その中から、ユージン・ソレール氏の「Kyoto Urban Wind Installation」を大賞に選出しました。このプランを実現し展示します。

会期

2019年2月16日(土)~3月17日(日)10 時~17 時

会場

旧京都府立総合資料館 前庭
(〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-4)

※入場無料・会期中無休

ヨタの鬼セレブレーション展


「花子」©京都国際映画祭

日常の中に驚きと楽しさをもたらし、セカイの形を捉え直すきっかけを与えてくれるアートユニット・ヨタ(Yotta)の作品を展示します。

会期

2019年2月16日(土)~3月17日(日)10時~17時

会場

ロームシアター京都 ローム・スクエア
(〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13)

※入場無料・会期中無休

シンポジウム「都市空間における祝祭と文化」+授賞式

悠久の歴史を持ち、観光都市および学生のまち、国際都市として生きた様々なポテンシャルを持つまち、京都。文化庁の京都移転をはじめ、京都各地で立ち上がる大小様々な動きを踏まえ、第一線で活躍する京都にゆかりのある美術関係者やアーティスト、建築家が、彼ら独自の視点から見た京都の可能性について語ります。また、冒頭には、野外インスタレーション公募展の授賞式も開催します。

日時

2019年2月16日(土)14 時~16時(予定)

会場

京都府立京都学・歴彩館
(〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-29)

スピーカー

青木 淳(建築家)
片岡真実(森美術館副館長兼チーフ・キュレーター、京都造形芸術大学教授)
名和晃平(彫刻家、SANDWICH Inc. 主宰、京都造形芸術大学教授)

モデレーター

建畠晢(京都芸術センター館長、多摩美術大学学長)

プレ・イベント「おも茶会」

地域に根ざしたものづくりに強い関心を持ち、主に伝統工芸の分野で作り手に寄り添った企画を行う山崎伸吾氏を席主に迎え、現代美術家による待合での音楽ライブと、現代工芸作家による茶道具を用いた本席でお楽しみいただきます。

日時

2019年2月7日(木)11:00/17:00

会場

京都芸術センター 大広間
(〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)

席主

山崎伸吾(ディレクター/音楽家)

定員

35名

内容

抹茶

参加費

1,000円、事前申込制(申込受付開始 12月20日)・先着順

連携

レザルティスミーティング2019京都

参加申込・問い合わせ

京都芸術センター
Phone:075-213-1000
e-mail:info@kac.or.jp
http://www.kac.or.jp

「京都文化力プロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等を契機として、日本の文化首都・京都を舞台に行われる文化と芸術の祭典です。オリンピックは、世界最大の平和の祭典であり、スポーツの祭典であるとともに、文化の祭典でもあります。2020年に向けて、「創造する文化 京都から世界へ」をテーマに、京都から多彩な文化・芸術を世界に発信するとともに、国内外の人々と交流・協働し、新たな創造の潮流を起こしていきたいと考えています。

スタンプラリー開催!

会期中に、野外インスタレーション公募展とヨタ展の2ヵ所を巡り、スタンプを集めた方には、素敵なプレゼントが当たる抽選券を差し上げます。

クレジット

主催

京都文化力プロジェクト実行委員会(構成:京都府、京都市、京都商工会議所等)

協力

関西大学環境都市工学部建築学科大影佳史研究室
京都造形芸術大学ULTRA FACTORY

企画・制作

京都芸術センター

参加申込・問い合わせ

京都芸術センター
Phone:075-213-1000
e-mail:info@kac.or.jp
http://www.kac.or.jp

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。